つけそば発祥の地

ラーメンの麺をスープにつけて食べるつけ麺は、1955年ごろ、中野大勝軒で従業員が夏のまかないで、冷たい麺を温かいスープにつけて食べたのが始まりで、お客さんからの注文で店頭に出したところが評判となって、人気メニューとなり、やがて全国的に広がっていきました。
現在は、独特のコシのある太麺に肉と魚でだしをとった特製しょうゆのつけだれにメンマやチャーシュー、なると、ネギ、味付け煮卵など、そのお店独自の工夫をしています。
つけ麺発祥の地である中野でも、元祖つけ麺の大勝軒をはじめさまざまな店舗で、独自の工夫を加えてその味を競い合っています。


Page Top